タヒチ旅行や結婚式・ホテル予約

タヒチ

タヒチ2TOP>  体験談 > タハア島 ☆ - ル・タハア・アイランドリゾート&スパ Le Taha'a Private Island &Spa

タヒチ旅行ハネムーン体験談・タハア島



前回のエアタヒチヌイ <成田→タヒチ・パペーテ→ライアテア>の続きになります。


水上バンガロー群 タヒチ <タハア島> 
ルレシャトー:ル・タハア・アイランドリゾート&スパ パールビーチリゾート&スパ タヒチ中央ボラボラ島と同じ「ソサエティ諸島」にある島、ライアテア島・タハア島周辺で唯一のジャパンマーケットホテル。タヒチなのに驚くほど色々な面で融通がきく。スタッフはかなりきれいな英語を話すフランス人が大半で日本人スタッフは居ない(2008年12月現在)、ある程度の英語力orフランス語が必要になる。向かいにタハア本島、裏手にボラボラ島が見える。 アクセス:タヒチ本島から空路1時間ライアテア島に渡り、ライアテア空港からホテルの送迎シャトルボートで35分、タハア島の離島(モツ)に位置する。 ローカルによるとタハア島の他のモツでどこかの系列大型リゾートホテルを建設中で、そちらは2012年ごろ開業するらしい。詳細不明 食事内容 ホテル内レストランはカジュアルなヴァニーユと、フォーマルなオヒリとがある。さらにプールサイドにランチ用レストランあり。 パティシエはなかなか良いデザート類を出していました。フランス料理色が強烈に強い味付けのプレートだから、余程甘い物が得意でない限りは1人前を二人でシェアする方がお勧め。 ランチの軽食は普通に美味しかった。バーガー類やサンドイッチ+付け合わせのポテトフライやサラダがボリューム満天で手軽で味も良い。フレッシュジュース・ノンアルコールカクテルは是非お試しあれ。


水上バンガロー部屋番号と配置


ル・タハア水上バンガロー部屋番号と配置 私たちはまずプールファレと言う地上のプール付きの部屋(56)に1泊・水上バンガローのプレミアム(42)に2泊・プールファレのスイート(52)に1泊しました。私たちがお願いした旅行代理店からホテルにメールが行っていたそうで、「部屋は空きがあり次第アップグレード」のリクエストや「食事・アクティビティの予約」など、こちらから頼まなくてもホテル側から提案があった。ホテル側もオフシーズンで70%程度の満室状況だからリクエストをすんなり受け入れたのだと思う。この辺りはやっぱり力のある旅行代理店に頼んで良かった。 部屋の中は禁煙 各部屋に共通してアメニティが豊富に揃えてある(基本:歯ブラシ・コットン・綿棒・シャワーキャップ・カミソリ・シャンプー・リンス・ボディソープ・ローション・石鹸・モノイオイル・入浴剤・ソーイングセット)(その他:お香・ドライヤー・雨用の使い捨てポンチョ・傘・バスローブ・寝巻き・パレオ・スリッパ・スノーケル用品・電気ケトル・ネスプレッソ・アイロン・ミニバー・無料のミネラルウォーター・ティーバッグとインスタントコーヒー・セーフティボックス・CDプレーヤー・テレビ)。その他に挙げた物の一部はブティックで販売してます。


▲ウェルカムドリンク(ブルーペパーミントのジュース)

雰囲気は水上バンガローのほうが明るい、多少揺れるけど水上バンガローのほうが開放的。
ホテル側はコントロールに力を入れているけど、どの部屋にも蚊や虫・イモリが居る。絶対イヤならタヒチは無理です。多少我慢できる人もイモリのフンが結構落ちてくるので食べかけ・飲みかけの物には絶対フタを。フルーツジュースにはイモリがたかる。

プールファレ
Pool fareまたはpool villa:部屋はベッドルームとリビング、バスルーム、中庭から成りなかり広い。バスタブはバスルームから出た屋外にあるので日が暮れてからは暗いし虫が来たりで使いづらい。中庭に水浴び程度のプール(2x3x1.5m)と東屋、ビーチチェア2脚、芝生の小さな庭がある。テレビは2台あり。ビーチに面している。ビーチからは水上バンガローやタハア島が見える。部屋によってビーチが木陰だったりコンクリートで固めて砂を留めてあったりで当たりハズレ?がある。ただこのビーチから海に入っても珊瑚は無いし魚はあまり居ないしかなり漂着物があるからあまりお勧めできない。たまにエイが何故か泳いでいた。

水上バンガロー
Overwater bungalow:桟橋からドアを開けて入ると東屋のあるデッキにつながっている珍しい造り。周りに珊瑚礁は無く、人工の珊瑚ブロックも置いていないのでベッドの足もとにあるガラステーブルから魚を見ることはそれほど無い。ただどういう訳かエイや大きなブダイが水上バンガロー30番台後半〜40番台の下を毎日数回通る。エイは割と規則正しいルートを通っているよう。 バスルームのマーキス型バスタブは大きくてサイドが海の水面に向かってガラス窓になっていて浴槽につかりながら眼下に美しい海が見える(桟橋と隣のバンガローも見える・・・)

プールファレ スイート
部屋はベッドルームとリビング、バスルーム、離れのベッドルームとバスルームから成り誰が泊まるのか解らないほど広い。2箇所ともバスタブはバスルームから出た屋外にある。中庭に他の部屋より広いプール(3x4x1.5m)と東屋、ビーチチェア4脚がある。テレビは3台ありBOSEのスピーカーがつながっている、CDプレーヤー2台、エアコン3台。ビーチに面している。ビーチからは水上バンガローやタハア島が見える。このビーチから海に入ってもそれほど楽しくない。他の部屋と違うのは部屋数と置いてあった寝巻きが生成りのリネンではなくホワイトリネンになっていたこと+スノーケル用品に加えてマリンシューズが置いてあったこと+ミネラルウォーターを何本も無料で補充してくれたこと、ガス入りミネラルウォーターも無料だったこと、キャンバス地のビーチバッグが常備されていたこと。

部屋周辺の海
水上バンガローのテラスからは直接海に入れる、水深は1mほど。足元は砂地で珊瑚は無く魚は居ない。 幅80cmぐらいのエイが現れる。が、人に近づくことはない。ウミガメはタハアには居ない。 あと、スノーケルの後は毎回バスタブにたっぷりお湯を張って浸かりました。体が冷えているのでラッシュガードとか着たままドボンと。スノーケルに出る前にお湯を張っておくといいと思う。

ビーチ
ホテルはモツ(環礁の小島)に位置しているので目の前はずーっとビーチ。だけど砂を留めておくためにコンクリで固めてある場所が多いので砂浜で遊ぶという雰囲気ではない。ハンモックやビーチチェアが点々と置いてあるのでゆっくりごろ寝するには良い。常にほとんど人が居ない。

プール
ホテルの東北側にプールあり。プールサイドには軽食用のレストラン、プールにカクテルバーが併設されている。午後はプールサイドで読書したりプールに入ってみる人もいたりで人口密度は濃い。

その他
チェックイン:午前中にホテルについてしまったけどすぐに部屋を用意して案内してくれた。
チェックアウト:ホテル内の説明にチェックアウト延長の課金を宣言してあった(1時間25,000xfpぐらい)。
朝食は基本ビュッフェ形式だけどルームサービスでも頼めるのでそっちがお勧め。ビュッフェのフルーツにはやっぱりハエがたかってたので。ルームサービスのお勧め朝食はオムレツwith everythingマッシュルーム・トマト・ハムなど+フルーツジュース、これはフルーツをちゃんとしぼったやつでかなり生感があって美味しい(便秘に良さそう!)。それとパンの盛り合わせ。ここのパティシエのニコラが朝からきちんと焼いたものなのですごく美味しい。 毎週火曜日はレストランでタヒチアン・ショーがあって夕食はビュッフェ形式になる。食べていないので詳細は不明。寿司っぽいのとかいろいろ並んでいたけど期待できなそうだったのでルームサービスでスモークサーモンとチーズバーガー、タハア産バニラのクレームブリュレをとった。 プールファレでビーチに面した掃き出し窓を開けていたら子猫が入ってきた。タヒチには猫が多い。犬も多い。あまり綺麗じゃないので触らない方が得策。 レセプションに日本語の新聞のコピーあり。テレビはフランス語か英語CNNだけ ビジネスセンターあり。インターネット接続(試してない) docomoのFOMA海外ローミング繋がります 屋外テニスコートと室内ジムあり(必要かどうかは別として) レセプションにはマリオン、ベンジャミンとレイチェルの誰かが常にいて英語が達者で色々な質問に答えてくれる。アクティビティデスクにはリンダというフランス人が居てこちらも英語が達者。オフシーズンだったこともあり旅行代理店からの事前交渉もありであらゆる要求がすんなり通って部屋のアップグレードは勿論、すべての部屋を経験したいという無茶なリクエストやラグーンサファリをプライベートツアーにしてもらえたり、非売品だったアメニティを譲ってもらったり・・・得したことがたくさん。 ホテルがあるモツのすぐ左側(プール側)にはいくつか島があって歩いてもカヤックでも行ける、そのあたりがコーラルガーデンと呼ばれていて1m程の水深で流れもなくて珊瑚と魚があふれている。地元民も海水浴に来ていて彼らとの触れ合いも楽しかった。友好の証?にマンゴーをもらった。 人里離れたモツにあるル・タハアでは11月〜2月ごろの雨季の間は夕方から雨になることが多く雨が降ると風も強くなって肌寒い。レストランなども吹き抜けだし夕食時にはカーディガンを1枚持っていくと良いかも。 アクティビティは出来る限りプライベートツアーを申し込んだほうが気兼ねなく自分たちだけのペースで楽しめるので多少値は張るけどその価値はあると思う。 ル・タハアでは挨拶してもシカトな日本人も居たからそんなのと同じツアーになったらつまらなくなっちゃいます。

▼食事・写真


朝食ビュッフェ 甘い物


昼食:プールサイドでクラブサンドイッチ


昼食:ここのジュースとノンアルコールカクテルは搾りたてフルーツをたくさん使ってて美味しい:オススメはamour des iles


夕食:デザートナッツ系3種


夕食:毎週火曜のヴァニーユでのビュッフェ形式 寿司


夕食:ルームサービスのチーズバーガー

部屋のテラスからの海
水上バンガローから入った海には遠浅のブルーラグーンが広がっている。時々大きなヤガラ?やフグ、ブダイ、エイが悠然と泳いでる不思議。 ル・タハアではプール側のコーラルガーデンと呼ばれるポイントへ行ってスノーケルするのがベストです。



ライアテア空港とホテルの間を送迎してるシャトルボート。


レセプション横のパールショップではル・タハアオリジナルのパールジュエリーを扱っている


プールファレの鍵は木製のヤドカリ付き。特別室のグラスセットはVilleroy&Bosh製クリスタル



110Vコンセント:携帯やデジカメの充電にも便利。


左から各部屋備え付けの寝巻き・バスローブ・パレオ・スリッパ・ランドリーバッグ



プール近くにあるジャグジー、きれいな海が一望できる


プールのバー(俗っぽいのが好きな人にお勧め)


バンガローの下を悠然と泳いでいく大きなエイとブダイ(日常的)



ベッドと対称に位置するデスク


バスタブの横には充分なアメニティ


プールファレのクローゼット 水上バンガローと共通



プールファレのネスプレッソ (エスプレッソマシーン) 水上バンガローと共通



プールファレ/プールヴィラ


プールファレ右のデスクとインセンス (一般室)


プールファレのアメニティ (一般室)



プールファレスイートのリビングにあるティーセットとネスプレッソ (特別室)


バスルームのトイレ

評価
海 : 水上バンガロー周辺は遠浅のグラデーションが見事なターコイズ・ブルーのラグーンが広がっている。コーラルガーデン(次ページで紹介)はまさに天然の水族館。
食事 : 素材にあまり手を加えてない朝食や生ジュースが一番おいしかった。
スタッフ : 教育が行き届いていて上品なフレンドリーさもあり上々。

続き→ハネムーン タヒチの海と珊瑚礁はとっても綺麗
スノーケルを開始したけどホテルのモツから直接歩くか泳いでたどり着けます。
今日はタハア島周辺の海をスノーケルしてみます。




パレオ 黒真珠 民芸品 雑貨・音楽 コスメ お土産・食べ物・飲み物
メモリアル(記念写真) 
お土産(タヒチ島) お土産(モーレア島) お土産(ボラボラ島) お土産(タハア&ライアテア島)
タヒチお土産地図ガイダンス
よくあるQ&A(お土産編)
楽天トラベル株式会社
Copyright(C) TAHITI2 All Rights Reserved.