タヒチ旅行や結婚式・ホテル予約

タヒチ
HOME 教会 ホテル グッズ 水上バンガロー 体験談
損をしない!航空チケット代と宿泊費!失敗しないハネムーン 専門業者・旅行代理店を選ぶコツ!



社会的なステータスとして新婚旅行先を選ぶということ


人生を生きていればお金があるとかないとか、収入が多いとか少ないとかそういうニュース、報道といのが日本国内ではあるかもしれない。見るたびに働く人、経営する人は頭が痛いようなニュースがあるかもしれない。言い換えれば社会的な立場ということかもしれない。そんな中、新婚という結婚ということを契機にして自分の人生を自分らしく歩んでいくということが大事なのかもしれません。そこでタヒチという島はハネムーンという観点では多くの人が魅了する島であることは世界の常識であろう。

結婚はスタートでゴールではない

結婚というのは男性と女性が向き合いお互いの立場を認め合いそしてスタートするという一つの節目ということであろう。恋愛というお付き合いから始まり、好きだという感情と個々の人生設計を考えて互いにパートナーを選んでいるのであろう。そして新婚旅行というのはやはりお洒落に行きたいところにいきたいものだ。男性よりも女性の感性で新婚旅行に行くべきところというのを決めるのかもしれない。男性が女性をコーディネイトする場合もあれば、逆のパターンもあるであろう。なにしろ二人で力を合わせて生きていくということだ。そういうことも通して夫婦の絆というのは自然と生まれ来るかもしれません。 すなわち、結婚というのをゴールにするというよりもスタートという観点で考えていくのがいいかもしれません。子孫繁栄の法則というのは人間の欲望でもあるとは思うが自然の営みと捉えていく必要があるかもしれない。人間は男と女という性別があり成り立ち、自分たちの子孫は繁栄させていくいきものだということだ。

民族というのは命を繋ぐ

世界いろいろな国々があるがどこの国も命を繋ぐというのはある。そこに住む人々、そこで暮らす人々は命を次の世代に人として繋ぐのである。そこには歴史、伝統、文化など様々なことが絡み現代にいたるのである。生活、文化、習慣というのは実際にそこの国、そこの島にいかないとわからない、味わえないこともあるであろう。だからこそ、日本人というのはありがたくも物価、貨幣というのが守られている部分もある。そして、海外旅行などはしやすい民族かもしれません。もっと、もっとグローバルというとおかしい感じに思う方々もいるかもしれませんが、世界は日本だけではないということです。日本は日本でとても大事ですから、その営みプラスαで個々に活力を養うという目的も含めて海外旅行を楽しむというのはとても素敵なことだとは思います。

▼一流を学ぶ
一流を知るには一流に学ぶということ

▼ハートの島で挙式
ハートの島、ツパイ島で挙式

▼旅行モデルプラン
ボラボラ島〜タハア島にステイする10日間 /モアイを見に行こう!ハネムーンたっぷり15日間!とボラボラ島5泊13日プラン/ボラボラ島、憧れの水上コテージ(バンガロー)で過ごす3日間
楽天トラベル株式会社
Copyright(C) TAHITI2 All Rights Reserved.