タヒチ旅行や結婚式・ホテル予約 ボラボラ島編

タヒチ

ボラボラ島編


タヒチ旅行での離島の過ごし方(ボラボラ島)



気ままに過ごす島内散策編

1日の予算(食事代別)  約¥4,000
※レンタサイクル代のみ

タヒチ9:30a.m. 起床 シャワーを浴びて、さっぱりすっきり

シャワーを浴びて、さっぱりすっきり お寝坊もOK。
日本と同じように目覚まし時計を使っては楽園の朝は台無しです!!!

10:00a.m. お部屋で簡単朝食


お部屋でモーニングコーヒーと日本から持参したスナック菓子で簡単朝食 毎日カップラーメンはお勧めできませんが、小腹対策にお煎餅やスナック菓子を持参すると便利です。

10:30a.m. 自転車をレンタルして島内散策に出発
ボラボラ島の島内は1周でも20kmで、散策する価値があるのはマティラ周辺(ホテル・マイタイ)〜ヴァイタペ村の間くらい。他は舗装もガードレールもないような崖道ですので、レンタカーよりも自転車での散策がおすすめ。日差しの強いタヒチでは帽子無しでは10分が限界。外出の際は、帽子と飲物は必需品です。帽子はタヒチでの購入は期待はずれなので、ぜひ日本からお持ち下さい。

11:00a.m. ローカル(地元)のレストランで “ブランチ”

朝食&ランチ兼用のブランチ
マティラ周辺〜ヴァイタペ港までの間は、ローカルレストランも何店かありますので、涼しい木陰の店内で召し上がるのもよし。テイクアウトをしてタヒチアンの子供達が遊んでいるような、美しいパブリックビーチで召し上がるのも素敵ですよ.....ちょっと暑いかな?? 滞在ホテル選びで迷っていた人=滞在していないホテルでもランチの利用は可能ですので、この機会に気になっていたもうひとつのホテル(立地条件的に不可能なホテルもありますが.....)で一休みし、雰囲気を楽しんではいかがでしょうか.。

午後 ショッピング&散策


写真:cTahiti Tourisme
マティラ周辺〜ヴァイタペ港までの間は、ポツポツとお土産屋さんもあります。手染めの1点しかないパレオなどを売っているお店もありますし、黒真珠を選んで好きなデザインに加工して貰える真珠店もあります。 民家でもパレオを干していたりするので、お土産屋さんと間違えないように注意しましょう.....。

16:00p.m. ホテルへ帰着 & ディナーのお支度


楽園のスローな1日は、ここに滞在している事だけで納得。シャワーを浴びて.....リフレッシュをして.....タヒチアンパレオとお庭に咲いているお花を耳にして.....準備OK!!!男性はタヒチアンアロハと白のパンツの組み合わせがおすすめです。

18:00p.m. サンセット・タイム

サンセットは、南半球なので日本と反対・北西の方向で見ることができます。水平線に沈む夕日はどんなにか美しいことでしょう。2人だけの絶景ポイントを見つけてみてはいかがでしょうか??タヒチアンは裸足でお散歩ですが、やはり私達日本人には刺激的。裸足で出発すると後悔しますよ.....。美しいサンセットをバックに記念撮影。偶然ホテルスタッフが通りかかったら、シャターを押していただいてはいかがでしょうか。一応スタッフは仕事中ですので「1枚だけ」。 ご注意!! ビーチやレストランなどパブリックエリアでの忘れ物は注意しましょう。。 タヒチアンは、隣の家のバナナもみんなのバナナ、泳いでいる魚もみんなの魚という文化ですので、ビーチにカメラだけあれば、落し物との理解で拾った人の物という認識。ほとんどの忘れ物は発見されず誰かの物になってしまいます。

18:30p.m. タヒチアンダンス&ディナーショー

タヒチアン料理中心、バーベキュー中心、シーフード中心など、各ホテルで週に1〜3回程度設定があります。基本的にブッフェディナーですので、気兼ねなく好きなものを好きなだけお召し上がりいただけます。 ハワイのフラダンスの原点とも言われ、日本でも人気急上昇中の迫力満点のタヒチアンダンスは、スローテンポのアパリマ、迫力満点のオテアやファイヤーダンスもあり、出演グループにより内容も異なります。 参加可能な時間もございますので、ハネムーンの思い出にぜひご参加下さい。

離島での過ごし方
楽天トラベル株式会社
Copyright(C) TAHITI2 All Rights Reserved.