タヒチ旅行でスキューバーダイビング

タヒチ
HOME 教会 ホテル グッズ 水上バンガロー 体験談
損をしない!航空チケット代と宿泊費!失敗しないハネムーン 専門業者・旅行代理店を選ぶコツ!




サンゴ礁に群れるカラフルな魚たち、群れをなして泳ぐエイ、大物との遭遇… 世界屈指のラグーンを誇るタヒチならではの醍醐味

タヒチ スキューバーダイビング
フランス領ポリネシア(タヒチ)には、118もの島々が西ヨーロッパに匹敵するほど広い海域に点在しています。四方を海に囲まれた島々が群島をなしており、海洋資源も当然豊富です。島々はそれぞれに個性が豊かで、その島ならではのオリジナリティー溢れるダイビングを楽しむことができます。以下にそれぞれの島とダイビングの特徴をご紹介。

タヒチ島*Tahiti タヒチ島はフレンチ・ポリネシアで唯一国際線が乗り入れるタヒチの玄関口。


ダイビング・ポイントはタヒチ・ヌイ島にそのほとんどがあり、ご希望に応じてラグーン内あるいは外洋のダイビングを楽しむことができます。いずれも潮流に影響を受けないので、初心者でも安心して南太平洋の楽園でのダイビングを楽しむことができます。7月から11月には子育てのために近隣の島々に立ち寄るザトウクジラの親子と遭遇できる可能性もあります。

■ダイビングショップ:パペーテのホテルを中心にダイビングショップは多くあります。英語を話すフランス人ガイドが中心で、日本人ガイドはいません。

■ダイビングスタイル:スピードボートを使用し午前中2本のダイビングが基本となります。午後のダイビングはリクエストによりアレンジ可能です。

■主要ダイビングポイント*The Diving Points
【アクアリウム】Aquarium 〈インターコンチネンタル・リゾート・タヒチ〉前にあるリーフ内のポイント。沈船が2槽、飛行機1機が水深5〜10mの砂地に沈められ、多くの珊瑚礁の魚を見ることができます。、タヒチ島の代表的なポイントで、体験ダイビングなどでも多く使われます。

【レックス】Rex 「アクアリウム」と同様、飛行機と沈船が沈んでいます。水深20m付近の砂地に横たわる沈船・飛行機ともに存在感があります。

【マルアタ】Maruata タヒチ島外洋のドロップオフのポイント。流れも少なく、初心者でもドロップオフでのダイビングが可能です。

■海の見どころ: 通年:グレイリーフシャーク、ホワイトチップシャーク、ナポレオンなど 9月〜11月:ザトウクジラ
季節によっては鯨との遭遇チャンスもあります。 タヒチ本島

モーレア島*Moorea

タヒチの首都パペーテからフェリーで30分と気軽に立ち寄れる離島「モーレア島」は、標高1000mを超える山とサンゴ礁の海を同時に持つ、特徴的な風景に触れることができます。ダイビングポイントは複数あって、いずれもボートダイブが基本となります。各ポイントまでの距離は近く、サンゴの棚(水深10メートル程度)を中心に潜るスタイルなので、ビギナーにも安心。通年を通してサメやイーグルレイ、カメなどに遭遇できます。

■ダイビングショップ:複数あるホテル内のダイビングショップが中心となります。ショップによっては体験ダイビングや、来センセう取得コースを受け付けている場合もあります。

■ダイビングスタイル:ファンダイブは午前中2本。12時前には帰港するので、午後は陸上のアクティビティも楽しめます。すべてのポイントにブイがあり、エントリーは容易。ポイントまでの距離はボートで10〜15分程度と至近です。

■主要ダイビングポイント*The Diving Points

【ティキ】 Tiki
水中にティキ(TIKI)像(タヒチの神様)があることから、この名前が付けられました。このポイントはモーレアの中でも透明度が高いことで有名。また、モーレアで唯一グレイリーフシャークが見ることができるポイントです。水深は20m程度でビギナーでも楽しめますが、潮が強い時はある程度経験が必要となるので注意が必要です。

【オプノフ・キャニオン】 Opunohu Canyon ボート上から珊瑚がきれいに透けて見えるほど透明度が高いことで有名なポイントです。ブラックチップやレモンシャーク、ウミガメなどとの遭遇が可能です。
【ザ・ローズガーデン】 The Rose
Garden モーレア島でも屈指の珊瑚礁の美しさを誇ることから、この名前が付けられました。様々な種類の珊瑚が棚をびっしりと覆い尽くす様は、ローズガーデン(バラの畑)という名を誇る面目躍如と言えるでしょう。ブラックチップシャークや、巨大なウツボ、大小様々の魚群と遭遇できます。

■海の見どころ: 通年:レモンシャーク、ブラックチップシャーク、グレイシャーク、カメ、イーグルレイ 7〜11月:ザトウクジラ


シュノーケーリングでもご覧のとおりです。モーレア島
ボラボラ島*Bora Bora

ボラボラ島*Bora Bora ボラボラ島は、大きく広がるラグーンの美しさで有名ですが、ダイバーにとってはその海水の透明度の高さも大きな魅力です。ボラボラ島のいずれのポイントへもボートで30分以内という点も魅力。初心者ダイバーからエキスパートまで、あらゆるダイバーにお楽しみいただけると言えます。ボラボラのボラボラの海で出会えるのは、マンタ、ナポレオン、ギンガメアジ、バラクーダ、カメに加え様々なサメや大物達。また同時に、ボラボラの豊かな海底の起伏も楽しむことができます。

■ダイビングショップ:ボラボラ本島やホテル内のショップを中心に数軒のダイビングショップがあり、日本人インストラクターの常駐するショップもあります。

■ダイビングスタイル:午前中2本のダイビングが基本となります。ラグーン内でのダイビングに加え、ダイビング専用ボートでのドリフトダイビングも楽しむことができます。

■主要ダイビングポイント*The Diving Points
【ムリムリ・ポイント】 Muri Muri
Point 外洋に面して珊瑚の棚が続き、その先はホワイトサンドのボトムとなっています。その先にはドロップオフがあり、ここでギンガメアジやバラクーダの群れと遭遇できる可能性があります。

【ツピティピティ・ポイント】 Tupiti Piti
ボラボラ島で最も人気のあるポイントです。ドロップオフには洞穴があり、色鮮やかな珊瑚礁を楽しむことができます。サメ、ナポレオン、バラクーダやカメなど、大物との遭遇率も高いポイントです。

■海の見どころ: 8〜11月:イルカ、ザトウクジラ 12〜5月:レモンシャーク 通年:マンタ、ナポレオン、マダラトビエイ、バラクーダ、ギンガメアジエイ、バラクーダ、ギンガメアジ

トロピカルな魚があなたのスキューバーダイビングを迎えてくれます。
ボラボラ島
ランギロア島*Rangiroa
ランギロア島は、タヒチの中でも最も有名なダイビング・スポットで、特に大物との遭遇率が高いことで有名です。数あるダイビング・ポイントの中でも代表的なのは「ティプタ・パス」。外洋からラグーンに向かって流れ込む潮に乗って、絢爛豪華に舞い踊る魚群や大物達と戯れるようにダイブする「ドリフト・ダイビング」で有名です。野生のイルカと泳げる世界的にも珍しいポイントでもあり、更にマンタやハンマーヘッド、トビエイの群れ、バショウカジキなどの大物たちとの出会いもランギロアならではの醍醐味といえるでしょう。

■ダイビングショップ:ホテルのある島に、日本人インストラクター在勤のショップを含め数軒のダイビングショップがあります。

■ダイビングスタイル:ゾディアックでアプローチし、バックエントリーが一般的です。どのポイントもドリフト・ダイビングとなりますので、中性浮力の取れる中・上級者向けとなります。基本的に午前1本、午後1本の1日2本。リクエストによっては1日3本潜ることも可能です。





もうここでスキューバーダイビングしたら大物だらけですから大満足できます。ランギロア島
■主要ダイビングポイント*The Diving Points


【ティプタ・パス】 Tiputa Pass
水深15m程の棚から60mに落ち込むドロップオフに沿ってドリフトしてゆきます。グレイリーフシャークの群れや、グレートハンマーヘッド、マダラトビエイと遭遇することもあります。世界的にも珍しい野生のイルカとも遭遇できるポイント。

【アバトル・パス】 Avatoru Pass
ティプタ・パス同様魚影は濃く、特にイソマグロやギンガメアジなどの群れとの遭遇は圧巻。流れも比較的緩やかなので、ドリフトダイビングが初めての方にお薦めです。
【アクアリウム】 Aquarium 体験ダイビングにも利用される穏やかなポイント。ティプタ・パスの内側にあり、水深3〜15mの明るい砂地に点在する根にスダレチョウチョウウオが舞うシーンは、まさにその名の通り「天然の水族館」。また、砂地ではホワイトチップシャークやクマノミの姿みることができる和やかなポイントです。

■海の見どころ:
11〜2月:ハンマーヘッドシャーク、マダラトビエイ
8〜10月:ザトウクジラ
7〜8月:マンタ、ジンベエザメ
5〜12月:サメ
12〜1月:イルカ、バラクーダ、マンタ、ギンガメアジ
ティケハウ島*Tikehau
島の周りを遠浅のクリスタルラグーンが囲むティケハウ島は、幾重にも重なるブルーのグラデーションが外洋まで続いている美しい環礁です。「ツヘイアバ・パス」と呼ばれる、幅100mほどのパスでのダイビングが基本ですが、ラグーン内のポイントでもマンタに遭遇できます。

■ダイビングショップ:ホテルと提携しているダイビングショップがあり、インストラクターは英語を話すフランス人が中心です。

■ダイビングスタイル:通常は午前中2本ですが、ご要望に応じて午後のダイビングもアレンジ可能です。基本はドリフトダイビングとなります。すべてのポイントにもブイが設置されており、ロープを使用して潜降ができるのでビギナーでも安心です。

■主要ダイビングポイント*The Diving Points
【ツヘイアバ・パス】 Tuheiava
Pass 魚影の濃い、最も人気の高いポイント。外洋からラグーンへ向かったドリフトダイビングとなります。ランギロアほど潮の流れがきつくないので、初めてのドリフトダイビングでも心配ありません。最大水深25mの水中は、各種サメ、ギンガメアジの群れやイソマグロなどに遭遇できます。

【シャークスホール】 Shark
Hole 多くのサメを見ることができるポイントです。ドロップオフに見られる手付かずの美しい珊瑚も特徴のひとつです。

【ザ・ファーム】 The Farm
ボート上からでもマンタが確認できるほど、浅瀬にマンタが集まるポイント。水深5〜10mほどの砂地にある数多くのクリーニングステーションをホッピングしながらマンタを探すことができる。

■海の見どころ: 通年:グレイリーフシャーク、レモンシャーク、ブラックチップシャーク、ホワイトチップシャーク、マンタ、ナポレオン、ギンガメアジ、バラクーダ 9〜11月:ザトウクジラ、ハンマーヘッドシャーク


水上バンガロー周辺の海を徹底的に泳ぎました

水上バンガローからザブーンと海に潜りました。撮影する場合は防水カメラ、防水ムービーなど用意を忘れずに!


▲ポリネシアで最も魚の密度が高いとされる 南氷洋からザトウクジラも訪れる


タヒチ旅行・ハネムーンでは恒例のシュルシュルー潜・り込み魚たちにご挨拶。
ファカラバ島*Fakarava
ファカラバ島は、その島の一部がユネスコの生態系保護区に指定されており、ツアモツ諸島の中でも手付かずの自然が最も多く残っていることでも有名です。島の南北にそれぞれパスがあり、特に北部の「ガルアエ・パス」は巨大。幅1600mとポリネシアで最大のパスで、ダイビングポイントもこの周辺に集まっています。大量の魚群の中、時速22kmという超高速の流れに乗るドリフトシュノーケリングは圧巻ですが、またエキスパートオンリーのポイントでもあります。島の南部の「サウス・パス」も魚影が濃く、人見知りしない魚たちの戯れるポイントは、初心者でも大いに楽しむことができる。

■ダイビングショップ:ホテルと提携しているダイビングショップがあり、インストラクターは英語を話すフランス人が中心です。
■ダイビングスタイル:基本は午前1本午後1本ですが、インストラクターがその日の海のコンディションに応じてダイビングをアレンジします。ガルアエ・パスでのダイビングは超高速で、エキスパートオンリーのポイントです。

■主要ダイビングポイント*The Diving Points
【ガルアエ・パス】 Garuae
Pass ポリネシア最大の幅のあるパスで、超高速ドリフトダイビングとなります。参加者全員がいっせいにエントリー、潜行、ドリフトという、エキスパートオンリーのハイスキル・ダイビングとなります。

【オホートゥ】 Ohootu 
「ガルアエ・パス」の外側のリーフからエントリーし「パス」内へとドリフトして行きます。外洋側ではサメ各種、マダラトビエイ、バラクーダなどのトルネードに加え、トップリーフではハードコーラルの群生が見られるなど、ファカラバを代表するポイントです。

【マイアル】 Maiaru
水深15mに広がるコーラルガーデンが圧巻です。流れもないので、初心者にも安心してエントリーして頂けます。ギンガメアジや、ナポレオンなどを見ることもできます。

■海の見どころ: 通年:グレイリーフシャーク、ブラックチップシャーク、オオテンジクザメ、バラクーダの群れ、ギンガメアジの群れ、時々バンドウイルカなど 11月〜4月:ザトウクジラ、ハンマーヘッドシャーク、マダラトビエイ 7月〜10月:マンタ


▲ホテルをサンゴが取り囲み 手つかずの自然の姿が残るファカラバ島(島の一部がユネスコの生態系保護区に指定されている

MAP cTahiti Tourisme All photo cTahiti Tourisme
楽天トラベル株式会社
Copyright(C) TAHITI2 All Rights Reserved.